テレビドラマや映画の感想やレビューを紹介します。

テレビドラマ映画.com

緊急取調室 ドラマ

緊急取調室3 7話 あらすじ【ネタバレ】

投稿日:

日テレドラマ U-NEXT FODプレミアム dTVチャンネル

天海祐希主演の人気ドラマシリーズ テレ朝の木9ドラマ

「緊急取調室3」の第7話(私が試しました)

【見どころ】

熟年の女経営者の心理、揺れる心。

人を信用しない女、だが女心は持ち合わせているという矛盾。

女性は年齢に関係なく結婚という言葉に憧れている。

緊急取締室のメンバー間の議論、

現場写真の「油のタレ方」を直感的におかしいと感じ、

油のタレを物理計算して犯行時間を特定したことが、

真相に迫る有力な証拠になった。

お金持ちの女性(佐知恵)に群がる醜い男たち(坂本や若杉)

一見利害が一致しているように見えるが、殺人に発展する男の心理。

【あらすじ、ネタバレ】

とある部屋の一室、頭から血を流した男性の遺体。

被害者は坂本彰夫(尾崎右宋)、佐知恵の元夫だ。

画面は変わって熟年女性が一人、「元夫を殺しました」と自首。

名前は伴佐知恵(大久保佳代子)、宝石店の経営者、47歳。

別れた夫、坂本をダンベルで撲殺したと自供。

緊急取締室の真壁らは、佐知恵を取り調べる。

聞きもしないことをしゃべりたがる佐知恵。

24歳年下の従業員である若杉純(稲葉友)と結婚するとのこと。

目撃証言や現場証拠から緊急取締室は佐知恵が犯人だと楽観視するが、

単純すぎる、何かがおかしい?

23歳の男から見て24歳年上の女と結婚する理由がわからない。

お金が目当てでも殺人犯とは結婚しないだろうと推測。

そして若杉純から事情聴取を始める緊急取締室。

若林は供述する。

彼女を愛しているから結婚するのだ。

それ以上の意味はないと強く主張する。

しかし緊急取締室の疑問は消えない。

24歳年上の女と結婚するには、何か特別の理由があるはずだ。

捜査が進むにつれ若杉と殺害された坂本は知り合いであったこと、

若杉には佐知恵以外にも女性がいることが判明。

そしてその女性から借金をしていること。

ついに佐知恵は真実を自供し真相が判明する。

佐知恵が若杉に騙されていたと真壁らに証拠を見せられたから自供したのだ

もみあいになった佐知恵は元夫の坂本をダンベルで殴打したのは事実であるが、

致命傷になった傷は佐知恵の殴打ではなく、

若杉が坂本の支配から逃れる為にこの機会を利用して殴打し殺害したのだった。

佐知恵は若杉が坂本を殺したことに気が付いていた。

しかし佐知恵が身代わりになったなら、

若杉が本当に佐知恵を愛してくれるかもしれないと思いこんだからだ。

【感想】

熟年の女性経営者、見かけは華やかであるが心は寂しい。

お金はあるが人を信じられない。

世間にはよく見かけるパターンである。

視聴者は佐知恵が坂本殺しを自供し証拠もそろっているので、

何か裏があるのではないかと思いをめぐらしただろう。

その直感は正しかった。

佐知恵は犯人ではなかった。

お金は必要だが人と人との信頼がなければむなしい人生になると

このドラマで思い知らされた。

-緊急取調室, ドラマ
-

Copyright© テレビドラマ映画.com , 2019 All Rights Reserved.